編集講座~編集力を磨く






記事の書き方を覚えよう

 

新聞記事はある構造をしています。その構造をまず確認しておきましょう。 短文構造理論と企画法
新聞記事は、「ある出来事」に対して、プロセスと背景の価値、そして将来像へと流れていきます。 一般的な記事なら、600字程度で1つの記事にすることが基本。新聞記事の構造を知れば、インタビューの際、何を質問すれば良いのかがわかります。
また、営業場面でヒアリング調査を行う際にも質問項目をどのように設定すれば潜在ニーズを聞き出せるのかが見えるはずです。

 

新聞レイアウトの基本

新聞レイアウト(段組みの場合)の基本は、紙面を真横に区切らないようにすること。これを「胴切り」といって一般的には禁じ手とされています。新聞記事の基本は上から下へ流れ、その続きとして異なる記事に読み進まれるという視線の流れに沿うものとして新聞編集者の間では常識となっています。
とはいっても、慣れないうちはついつい胴切りになりがちなのも事実。そこで、見出しを大き目に取ったり、左側に囲み記事(罫線で囲んで別記事を入れる)を組み込み、段をずらす手法が取られます。
また、A4サイズでも最下段は広告スペースとすることで、記事のように読ませる情報と視覚で目に飛び込む情報がミックスされてデザイン上も見栄えがよくなるものです。
段組みは、A4サイズでは4~5段、A3サイズでは8~10段ぐらいが一般的。一般紙のように1段の文字数が12字とか15字にこだわるよりも、1段に入る文字数は多めでも構わないでしょう。そして、文字もやや大きめの方が最初は作りやすいのではないかと思います。

 





 

コミュニティに必要な情報とは~集団帰属を通して自我の欲求へ(マズローの5段階欲求と重ねると・・・)
コロンビア大学大学院シーナ・アイエンガー教授「選択の技術」より
お客様がより良い成果を得る選択法は「成功事例に学ぶこと」⇒コミュニティを機能させる情報編集のポイント(クリックでPDF)

sample