就職・転職・再就職無料相談

高校生就職相談室(未成年の方は保護者と一緒にご相談ください)

就職が決まらない若者のための無料相談室

転職・再就職をめざす方のための無料相談室

 

■就職先が決まらない

自分を知り、何がしたいのかを明確にすれば、何年も前から目標に沿った生活習慣ができるようになります。

自分がわからない、何をして良いのかわからない。そんな方の相談に無料で応じています。

 

■転職したい

いまの仕事が自分に向いていないと思うので転職したい。

結論としては、現状置かれたなかで自分のアイデンティティを見つけ出す方が得策ですが、組織によってはそれが100%正解だとは言いがたい面もあります。

では、どういうシナリオを組み立て、転職を成功させるのか。

具体的なシナリオづくりを無料でサポートします。

 

■再就職したい

子育てがひと段落したら、再就職をして家計の足しにしたり、自分が自由に使えるお金を手にすることはとても大事なことです。

どういう仕事につけばよいのか、具体的にお話を伺いながら一緒に考えていきます。

 

※新聞de元気では、面談の練習やどういう職場が向いているのかといった適性試験は実施しておりません。

適性がいくらあっても、面接の練習をしても、大手企業や官公庁などへの就職は学力試験の成績と、特別なスキルを持って組織に貢献してもらえるかどうか、応募者が自分のシナリオを描いて何年も努力してきたかどうかが明確に見える方以外は必要がないのです。

 

自分を見つめなおし、生活習慣からあらためていく努力をすれば、企業名や官公庁だけが良い職場とは言えなくなります。

 

パイロットは、公務員ですか。

弁護士は、公務員ですか。

本当に研究したい分野を見定めている方は、アメリカの大学にチャレンジするひともいます。

 

地元にも、自分のチカラが発揮できる職場は必ず見つかるものです。

どの大手企業も採用してくれないと嘆く前に、自分の人生を振り返り、いまできることから始めることこそ、幸せな人生を創りだす秘訣です。

 

宿命に翻弄されず、自身の人生を自ら切り開く「運命の扉」をあける人生設計を描き、具体化したシナリオを作ることから始めれば、自分に合う就職先が見えてきます。

適職診断に惑わされたり、企業の採用担当者に気に入られるノウハウばかりに気を取られていては人生を幸せに生きる仕事は見つかりません。

 

ご相談は「問い合わせ窓口」からお願いします。

 

 

 

sample